子安観音寺
日本語 English

毎年、4月8日はお花まつり(佛生会)です。
お釈迦様は今より二千五百年前、インド国境に近いネパールのルンビニー花園でお生まれになられました。その為、お花まつりと呼ぶのです。
本堂前に御堂を建て、境内のさくら幼稚園の園児と御家族が想いを込めて手作りのお花をお供えします。たくさんのお花に囲まれ、美しい花御堂(はなみどう)が出来上がります。(花御堂は朝10時よりお昼迄です)
そして、花園でお生まれになられたお釈迦様へ、天上の神様がお祝いの甘露雨を降らし産湯(うぶゆ)の代わりとされた伝説から、甘茶をお釈迦様の上からお掛けします。
お生まれになられたお釈迦様は、七歩進み、右手で天を指し、左手で地を指す『天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)』のお姿をなされました。
『いのちとは、宇宙全体で一つだけのかけがえのないものである。』という御教えです。
お釈迦様のお誕生をお祝いすることと同時に、いのちの大切さを見つめ、正しく生きることをお誓いする日です。

4月8日/境内

(花御堂は、朝10時よりお昼頃迄です)